70’s 原風景 原宿 『リレーエッセイ 思い出のあの店、あの場所』

郷神社の森や竹下通りの辺りに狸が出るような場所だった原宿が大きな発展の時代に入ったのは、1964年に行われた東京オリンピックがきっかけでした。

70年代に入って、表参道を中心に、ポツンポツンとブティックや喫茶店が出来始め、そこに集まる若い人たちによって、「ファッションとカルチャーの街・原宿」が作られてゆきました。

可能性に満ちた、できたてほやほやの街を体感してきた人たちによる『ゴールなしのリレーエッセイ』を展開してゆきます。優しく、熱く、自由だった時代のエネルギーを、思い出したり、懐かしがったり、新たに知ったり、おしゃべりを聞くような気持ちで楽しんでいただけたら幸いです。

中村のん


最新投稿

2017年5月27日
ディスコ
vol.44 『パルスビート』白川 良行

1968年夏、営団地下鉄銀座線「神宮前」駅の近くに、ディスコ『パルスビート』は誕生した。 (現在の地下鉄「表参道」駅の当時の名称は「神宮前」だった。1972年、地下鉄千代田線の開通に伴い、「神宮前」の名称は「明治神宮前」・・・

2017年4月22日
周辺
vol.43 『ペータースタジオ』伊島 薫

元住吉、福生、原宿、西麻布、そして目黒 京都から東京に出て来たのが1972年。東京と言ってもアパートは川崎市元住吉。学校は横浜市、日吉にある「東京総合写真専門学校」。その学校の二年目に中嶋興さんというビデオアーチストのゼ・・・

2017年3月25日
喫茶店
vol.42 『レオンとクールス』大久保 喜市

原宿に渦巻く力とそこにあったレオン 「おまちどうさま」。——奥にあるキッチンからウエイターが千切りキャベツの上にたんまりと乗ったポーク・ジンジャーと、小皿に盛られたライスを運んでくる。「腹減ったー」とオレは箸を持ち、大根・・・

2017年3月11日
カフェバー
vol.41 『シネマクラブ』中村のん

70年代後半、レオンが原宿の昼の社交場なら、「シネマクラブ」は若きクリエーターたちの夜の社交場だったが、意外にもシネマクラブのことは語り継がれていない気がする。そう言う私も23歳で結婚したとき、結婚披露パーティをここでや・・・

2017年2月25日
喫茶店
vol.40 『ペニーレイン』ミック・イタヤ

時間の感じかたは思うようにならない。楽しい時は駆け足で、早く過ぎて欲しい時はゆっくりといつまでも止まろうとして、予期せぬほんの一瞬に永遠が宿る。 19、20才の年頃は、若さを発散する自分が美しい光の中に居るのを知らず、迷・・・

2017年2月11日
建物
vol.39 『セントラルパーク』水谷 充

TSUBAKI HOUSE、Q&B、カンタベリーハウス。ディスコ全盛時代、主に新宿で遊んでいた高校生にとって原宿は、どちらかと言えば敷居が高い。文化的匂いやお洒落な雰囲気に気おされる感じがあった。そんな僕が、原・・・

2017年1月28日
建物
vol.38 『セントラルアパートに吹いていた西海岸の風』
白谷敏夫

僕が原宿のデザイン事務所に入った1973年は、マイケルジャクソンの “BEN” やポールサイモンの ”Kodachrome” がチャート入りし雑誌 ”宝島” が創刊された時代だった。  美大の卒業・・・

2017年1月13日
喫茶店
vol.37 『レオン』中西俊夫

まず、人生で大事なことはほとんどレオンで学んだような気がする。 夢の実現の仕方とか、何が粋で何が粋じゃないかとか、皆自由業の人だったので、どう仕事に繋げるかとかね。皆、レオンのピンク電話を事務所代わりのように使っていた。・・・

2016年7月3日
喫茶店
vol.36 『表参道と、Café de Ropé、そして地下の店』山田英幸

photo:染吾郎 僕にとっての「70’s 原宿」は、夏のイメージ。 日差しのあふれる真夏の表参道。行き交う人も肌を出した夏の装いだ。 まるで露光オーバーのピンボケ写真のように、それは白くにじんで、限りなく明・・・

2016年6月19日
建物
vol.35 『セントラルアパート470号室 HALLO HALO』達川清

瀬戸内の今治から上京して一週間で母の死の知らせが届いた。今生の別れにと、出がけに骨ばった膝枕で私の薄い髭を剃ってくれた。 暗い雨の中、初めて原宿に行き広い表参道を歩いた。オリエンタルバザーで番傘とランプシェード(イサムノ・・・

このページの先頭へ