「ブティック」の記事一覧

vol.27 『ビームス(BEAMS)』原田淳史

ファッションに目覚めたのは、中学生の時。 ミッション系大学の高等部に籍を置くニ歳年上の姉がおり、当時家にはアンアン(anan)や洋書のヴォーグ(VOGUE)が山積みでした。姉が一読したあと僕は間髪をいれず奪い取り、ワクワ・・・

vol.25 『アンティークドレス・ブティック どれすてえ』田島由利子

70代というと私の場合は、中学から大学までの10年間がすっぽり入る。 1970年に雑誌『アンアン』が、71年に『ノンノ』が創刊され、たびたび原宿がマップ入りで紹介されていたので興味を持ち、中学時代は親に連れられ、高校生に・・・

vol.24 『Grass』マーク・東野

高校3年生の夏、数Ⅲを選択していた高校生としては不良な事だったのか?年上の友人に連れられて渋谷の「明治通り」新宿の「Rolling Stone」原宿の「DJ Stone」等のロック喫茶に通う様になり、同じ様にロックファッ・・・

vol.14 『赤富士』 高野(赤松)緑 

70年代の原宿、始めていったのは高校生の頃。 表参道はまだ殆ど店もなく、並木道がうっそうとしていて雨降る日はひとりで歩くのが怖いくらいだったな。 高校卒業後、小田急線の成城学園前にあった「伊東衣服研究所」という固い名前の・・・

vol.13 『マドモアゼル・ノンノン』 山本ちえ

東京オリンピックが終了すると、プールが一般に開放された。それが、中学生になった頃。ひとりで、よく、プールに行った。で、終わると、原宿のほうに歩いてくる。原宿駅から竹下口に行く途中にコンドル(もしくはコンコルドだったかな)・・・

vol.9 『クリームソーダ』柳本 浩市

物心つく1,2歳の頃から、祖母が月一で通う東中野の鍼灸院に付き添って東京にやってきていました。幼稚園の頃からは一人で巣鴨にある叔母の家に泊めてもらい、夏休みなどは長期でその家に滞在させてもらいながら、東京のいろいろな場所・・・

vol.8 『MILK』安田 あけみ

1960年代、原宿が閑散としていた頃、私は表参道に住んでいて、キディランド脇側のキャットストリートを歩いて渋谷の高校に通っていました。 下校時には、竹下口(明治通り沿い)の角にあった「マロン」というケーキ屋さんへ毎日のよ・・・

vol.5 『ビギ 』横森 美奈子

東京で生まれ育ったけれど初めて原宿駅に降りたのは60年代後半、高校三年生で桑沢デザイン研究所の受験の冬期講習のためだったと思う。山小屋のような駅のデザインが不思議で、まわりは当時を知る誰もが言うように緑が多いだけで“タヌ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ