「喫茶店」の記事一覧

vol.40 『ペニーレイン』ミック・イタヤ

時間の感じかたは思うようにならない。楽しい時は駆け足で、早く過ぎて欲しい時はゆっくりといつまでも止まろうとして、予期せぬほんの一瞬に永遠が宿る。 19、20才の年頃は、若さを発散する自分が美しい光の中に居るのを知らず、迷・・・

vol.37 『レオン』中西俊夫

まず、人生で大事なことはほとんどレオンで学んだような気がする。 夢の実現の仕方とか、何が粋で何が粋じゃないかとか、皆自由業の人だったので、どう仕事に繋げるかとかね。皆、レオンのピンク電話を事務所代わりのように使っていた。・・・

vol.36 『表参道と、Café de Ropé、そして地下の店』山田英幸

photo:染吾郎 僕にとっての「70’s 原宿」は、夏のイメージ。 日差しのあふれる真夏の表参道。行き交う人も肌を出した夏の装いだ。 まるで露光オーバーのピンボケ写真のように、それは白くにじんで、限りなく明・・・

vol.33 『ガゼットビル デポー656』鳥山雄司

高校1年から一緒にバンドを始めた同級生のH君は中学時代から原宿ファッションビルの4FにあったブティックBRICKSやBUZZやスタークラブに出入りしていたらしい。いつもBRICKSとプリントされた布製のクラッチバッグを持・・・

vol.22 『レオン交遊録』染吾郎

photo : Goro Some [ケイとミッシェル:レオンにて 1976年] 私が原宿に通うようになったのは武蔵野美術大学3年の時、原宿にあった山本寛斎さんのアトリエでアルバイトとして働き初めたのがきっかけでした。ち・・・

vol.3 『レオン』中村 のん

当時のファッション雑誌等で紹介されるときには「原宿の応接室」「原宿の表玄関」として、そして、消えてからは「伝説の喫茶店」として語られるレオンは、神宮前の交差点に建つ原宿の象徴「セントラルアパート」の1階にあった喫茶店でし・・・

vol.1 『レオン』高橋 靖子

自分が息をしているこの球体にいくつかの「私の場所」があるのって、とても幸せなことです。  私は仕事の関係上、まだ月が出ている早朝、高速に乗って都心を離れたり、あるいは深夜、同じ高速で家路に急いだりすることがあります。そう・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ