「建物」の記事一覧

vol.39 『セントラルパーク』水谷 充

TSUBAKI HOUSE、Q&B、カンタベリーハウス。ディスコ全盛時代、主に新宿で遊んでいた高校生にとって原宿は、どちらかと言えば敷居が高い。文化的匂いやお洒落な雰囲気に気おされる感じがあった。そんな僕が、原・・・

vol.38 『セントラルアパートに吹いていた西海岸の風』
白谷敏夫

僕が原宿のデザイン事務所に入った1973年は、マイケルジャクソンの “BEN” やポールサイモンの ”Kodachrome” がチャート入りし雑誌 ”宝島” が創刊された時代だった。  美大の卒業・・・

vol.35 『セントラルアパート470号室 HALLO HALO』達川清

瀬戸内の今治から上京して一週間で母の死の知らせが届いた。今生の別れにと、出がけに骨ばった膝枕で私の薄い髭を剃ってくれた。 暗い雨の中、初めて原宿に行き広い表参道を歩いた。オリエンタルバザーで番傘とランプシェード(イサムノ・・・

vol.34 『LPレコードの中のセントラルアパート』井上伸夫

東京都渋谷区神宮前4-3-15 セントラルアパート219号  1972年ごろ、山形の中学生にとって、そこは特別な場所だった。好きなミュージシャン達のレコードジャケットの片隅に小さく記してあるその部屋には、URCレコードの・・・

vol.31 『セントラルアパート702号室』野上眞宏

1971年の3月中旬、ぼくは、有名写真家で映像の刺客といわれていた鋤田正義氏に面接に行った。自分のポートフォリオを持って指定された原宿セントラルアパート1階のレオンに行った。地下鉄が開通する前の原宿は人影も少なく、のどか・・・

vol.26 『コープオリンピア317号室』伏見行介

青山や原宿周辺の不動産関連Webサイトを見ているとヴィンテージマンションという言葉を見かけます。 その、ヴィンテージマンションの1つが、私の事務所があるコープオリンピアです。原宿にはもう一つヴィンテージマンションと呼ばれ・・・

vol.20 『原宿パレフランス』橘かがり

私が原宿に越してきたのは1970年、十歳の夏のことだった。それまでは母方祖父母と共に、井の頭線沿線の浜田山に住んでいた。当時の浜田山は目の前に畑も広がる牧歌的な場所で、舗装されていない道も多く、雨が降るとぬかるんだ。近く・・・

vol.19 『原宿セントラルアパート789号室』牧村憲一

70年代の後半から80年代にかけて、原宿セントラルアパートの7階にステューディオ・トーキョー・ジャパンがありました。トノバン(加藤和彦)との協働作業が始まると、そこに頻繁に通うことになります。ステューディオの代表奥村靫正・・・

vol.16 『オリンピア・アネックスとテレサ・テン』平野久美子 

今年の夏、表参道と明治通りの交差点に立つ「オリンピア・アネックス」の前を通ったら、中国人らしき観光客が建物の写真を撮っていた。近いうちに取り壊されることを知ってか知らずか、最近は中国、香港、台湾からの観光客が、アジアの歌・・・

vol.7 『セントラルアパート』藤原 ヒロシ

初めて自分の意思で原宿に行ったのはいつだったのか。記憶がまとまらない。 11:00AMまで”マロン”で時間をつぶし、”赤富士”にパンクの洋服を買いに行ったのが最初なのか。 あるいは年上の友達と”レオン”で待ち合わせして、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ